ベルギー唯一のAOPバター CARLSBOURG

どうもバタラバです。


前回AOCとAOPについて調べている中で、AOPがユーロ主体であるということを知ったときにふと思いました。


AOPバターはフランス以外にもあるのでは、、、


いや、普通に考えてみたらそうですよね。

エシレとかイズニーとか、日本にいると海外の美味しいバターと言ったらフランスのものばかりなので、この発想に至れませんでした。

個人的には、令和初の灯台下暗しな気づき。


さっそくベルギーでもAOP認証を受けているバターがありましたので、ご紹介させていただきます。

それがこちら。

見てください。右の方に緑色のAOPマークが。

CARLS BOURG(カルスブーグ)という村で作られているこちらのバター。
なんとベルギー唯一のAOPバターなんです!


この時点で是非とも食してみたいと思うのですが、さらにオメガ3も豊富とのこと。

 

カルスブーグが属するアルデンヌ地方は、温暖な気候と定期的な雨、さらに豊かな土壌で、脂肪酸な牧草が育つのだそうです。


こんな感じで120日以上放牧された牛さんから作られているようです。

こうした独特の気候があってこそ、AOP認定につながったんでしょうね。

正直グラスフェッドという観点でいうと、120日は長くはないので、実際にどのくらいオメガ3が配合されているかは検査してみないと何ともいえないのですが、期待しちゃいます。

 

 カルスブーグでは1895年からバター作りが始めり、125年もの歴史があります。

今では100の自治体から500もの酪農家の生産者とバターメーカーまで広がり、伝統的なアルデンヌのバターをAOPレベルまで押し上げ、ベルギー中に愛されるまでになりました。


もうすでに気になるバターですが、その中でも更に気になるバターがこちら。


一見見た目はバターなのですが、乳脂肪分が99.9%あるそうです。

「いや、それだとギーだよね?ギーってオイル状じゃないの?」

と考えてしまうのですが、なぜかカタチはバター。

これが本当に固形状で使えるとなると、ギーと同様に焦げづらく、かつ栄養価も豊富なハイパーバターの可能性が、、、


早速問い合わせてみますので、続報あったらお知らせしたいと思います。


いやーバターの世界は広いですね。

ではでは皆さん、良いバターライフを。

x