実際にグラスフェッドバターってオメガ3入ってるのか調べてみた。

おはようございます。バタラバです!


皆さんバター食べてますか??

 

さて今回は、からだに良いということで話題になっているグラスフェッドバターです。

 

何が普通のバターと違って良いかって言われてると、1番はオメガ3脂肪酸が入っているから良いよね~って話かと思います。


■オメガ3って何者??

 

オメガ3脂肪酸が何かっていうと、不飽和脂肪酸という体内で作れない脂肪の種類の1つです。

このオメガ3は、抗酸化・抗炎症化作用に優れているらしくて、生活習慣病の予防にも良いという、スーパー素晴らしい脂肪です。


ですがこの子、同じ不飽和脂肪酸のオメガ6との体内のバランスが大事らしく、理想の比率は1:2~4と言われています。

現代人の食事では、1:7~10になりがちなので、色々調子が悪くなるよねっていうのが脂肪酸から見る話です。

 

ということはですよ、理想の比率に持っていくためには、「オメガ3が6より多い食べ物」か少なくても「オメガ3と6のバランスが理想の比率になっている食べ物を意識した方が良いということになります。

 

該当する食べ物を探してみたんですけど、めちゃくちゃ少ないんです。

良く言われるのは青魚とか貝類とかくるみですね。

 

油でいうと、アマニ油、エゴマ油、そしてまさかのグラスフェッドバターが該当します!!

キャノーラ油とか比率は1:1,000と言われているので、「おお、、、、」ってなりますよね。。

 

■いろんなバターの比率を調べてみた!!

 

半分趣味・半分仕事でバタラバでは様々なバターの栄養価を、日本食品検査という機関で調査をしておりまして、今回はその一部を公開しちゃいます。

 

まずは日本の某普通のバター。

 

 

比率としては、1:7くらいですね。日本の”グラスフェッド”って明記していないバターはこのくらいの比率だと思います。

食べ過ぎには気を付けようね~って感じでしょうか。

 

そして、最近ヨーロッパのバターも人気を集めていますが、グラスフェッドと明記していない、某バターの結果がこちら。

 

 

 

 

日本のバターと変わらないんですよね~。

グラスフェッドじゃないバターの比率は1:7くらいが世界共通の相場なんじゃないかと思っています。

 

そしてここからが、グラスフェッドバターたちです。

 

バタラバでも扱っているモンゴル産。そのグラスフェッドバターがこちら。

 

■モンゴルのグラスフェッドバター


 

 

1:2.5 。ギリギリ及第点という感じでしょうか。

 

アメリカの某グラスフェッドバターはこちら。

 

 

おーいい!!相当良い!!「グラスフェッド」にめちゃくちゃこだわっている農場さんだったので、さすがでございます。

 

そして最後は、最近試したメキシコのグラスフェッドバター

 


 


出ました!!オメガ3が6を上回る結果が!!

これ日常使いの油に変えれば、健康には相当効果的なんじゃないでしょうか。 

 

番外編としては、マーガリンがこちら。

 

 



1:10ではありますが、含有量が2,000mgってすごいですね笑

バターと比率も違うし、量も全然違うんで、やっぱり全然別の商品って感じがします。

 

さて、今回はこちらでおしまい!!

 

ではでは。

 

素敵なバターライフを。 

x